フレイアクリニックの打ち漏れ(打ち直し)の対応は?

フレイアクリニックはメディオスターNext Proというダイオードレーザー式の最新脱毛マシンを使用しています。
医療脱毛マシンのレーザー照射方式には、アレキサンドライトレーザー方式とヤグレーザー方式とダイオードレーザー方式の3つがあり、照射の強さや組み合わせを変えて使用することで10種類以上の脱毛マシンが医療脱毛クリニックや脱毛サロンで活躍中です。
アレキサンドライトレーザー方式はジェルを使用しない施術方法なので肌への不快感が少ないことが特徴ですが、うぶ毛には効果が見られないというデメリットがあります。
照射方法は単発ショットなのでゴムに弾かれたような痛みが感じられ照射スポットが小さいのでプロの施術でも打ち漏れはしやすいです。
打ち漏れの見分け方としては、施術後2週間待つことがポイントで、施術してから2週間経っても毛がかたまり状に残っているようであれば打ち漏れと判断できます。
ヤグレーザーもアレキサンドライトレーザーと同じように単発ショットのレーザー照射方式であり、他の脱毛方法に比べると照射威力が強く施術時に感じる痛みが強いことが特徴です。
ヤグレーザーも照射範囲が小さい為、打ち漏れの可能性はあります。
打ち漏れしやすい部位としてはVIOがダントツで可能性は高いです。
凹凸の多い場所でもありますしヘッドを垂直に当ててレーザーを照射するのが難しい為、打ち漏れの可能性が必然的に高くなってしまいます。
凹凸の多い部位として同様に、ひじやひざの脱毛施術においても打ち漏れの可能性が高いです。
打ち漏れ打ち直し施術の適用条件はクリニックによっても違っていますので注意してください。
フレイアクリニックで使用しているメディオスターNext Proはレーザー照射のヘッドの形状が長方形となっているので照射面が非常に広く、スライド式の照射となっているため打ち漏れの可能性が非常に低いのが大きなポイントです。
メディオスターNext Proを使用しての脱毛施術においても、凹凸部分であったり細かい部分であったりすると打ち漏れの可能性はでてきます。
フレイアクリニックは、照射後28日以内でしたら無料で追加照射を行っていただけますし医師の診察により追加施術が必要と判断された場合には追加料金がかからず照射を行ってくれるため、万が一打ち漏れがあっても無料での打ち直しが可能です。
一例として、湘南美容クリニックは打ち漏れによる追加照射無料期間が2週間、リゼクリニックは4週間、トイトイトイクリニックは3週間となっています。

このページの先頭へ