フレイアクリニックでの脱毛の日、生理とかぶったら?

医療脱毛クリニックや脱毛サロンでの脱毛は毛の周期に合わせて脱毛施術を行うため約2〜3ヶ月に1回ほどの施術が望ましいとされています。
予約のキャンセルは2日前までの受付時間内に電話をすることによりキャンセル料無料にて予約日を変更することが可能なクリニックがほとんどですが、予約日当日のキャンセルは1回消化扱いになることが多いです。
フレイアクリニックは当日キャンセルが1回限り無料というサービスがされています。
5回コースのうち、1回の当日キャンセル無料対応はすごく助かるサービスです。
フレイアクリニックでは、生理中であってもVIO以外の脱毛は施術することができます。
VIO付きプランでの契約の場合は、前日までに生理であることを伝え施術変更の連絡をしておくことが大切です。
生理不順により生理が予測できない方もおられると思いますが、予約当日に生理になった場合にもなるべく早い段階でクリニックへ連絡しておくことが必要となります。
生理中は体内のホルモンバランスも乱れ、体調にも変化が起こりやすく肌への負担もかかりやすくなるので、生理中の脱毛施術は肌トラブルが起きやすかったり施術時の痛みをいつもより強く感じたりすることもある上にホルモンの影響から脱毛効果が出にくくなる可能性もあるため生理中の脱毛施術はあまりおすすめすることはできません。
脱毛予約の際には生理前後の5日間は避けることが推奨されています。
フレイアクリニックは前日の20時までに電話連絡することでキャンセル料無料で回数消化されることもなく予約を変更することが可能です。
フレイアクリニックをはじめ医療脱毛クリニックや脱毛サロンは生理中の脱毛施術は可能ではありますが、おすすめはしていません。
生理中は肌が刺激や痛みに敏感になりやすい期間でもあり、脱毛によるちょっとした刺激が肌荒れを起こしたりニキビができたりという原因となっていまいます。
フレイアクリニックが使用しているメディオスターNext Proのように肌に優しい脱毛マシンといわれている脱毛マシンであっても生理中はトラブルにつながるため注意が必要です。
生理中は肌トラブルの治癒力も治るまでに時間がかかる可能性もありますし、生理中によく使用される鎮痛剤には脱毛にとってデメリットとなる場合があります。
鎮痛剤の服用により脱毛箇所の色素沈着のリスクが増えてしまう可能性があるとされていますので、クリニックやサロンによっては服用から24時間以内の施術ができません。

このページの先頭へ